企業・団体の皆様へ

 本教育プログラムでは、コース生の国内外での民間企業、国際機関、行政機関でのインターンシップやボランティア活動をキャリア教育の一環として位置づけております。様々な社会経験・就業体験を通して、修学へのモチベーションの向上、明確なキャリアビジョンを持つ目的意識の高い人材の育成を目指しています。
 本コースの留学生をインターンシップ生、学生ボランティアとして春、夏の長期休暇時に1週間~1ヶ月間、受入れてくださる企業、団体の情報をお寄せいただきたくお願い申し上げます。
(担当:田村
E-mail:mikatamuraアットmail.cstm.kyushu-u.ac.jp
※E-mailでお問い合わせされる際は、「アット」の部分を半角@に置き換えて下さい。)

プログラムの詳細は、ウェブサイトをご覧ください。
国際コース
●学士課程国際コース(英語): http://www.isc.kyushu-u.ac.jp/
●工学部国際コース生 Website“ QUBES”(英語): http://qubes.kyushu-u.ac.jp/
●工学部卒業生 Website“ After QUBES”(英語): http://qubes.kyushu-u.ac.jp/after/

九州大学 工学部学士課程国際コースとは

 九州大学では、文部科学省「国際化拠点整備事業(グローバル30)」の採択を受け、平成22年の10月に工学部と農学部の2つの学部で英語 のみで学士号が取得できる「学士課程国際コース」を設置しました。工学部には現在「応用化学コース」、「建設都市工学コース」、「機械工学コース」、「航空宇宙工学コース」の4コースを展開し、1クラス8人以下での少人数での専門教育を行っています。平成29年10月には「電気情報工学コース」が新たに加わります。

工学部学士課程国際コース
入学者国籍及び入学者人数

 九州大学の学士課程国際コースでは、アジアを中心に8か国・地域(中国・韓国・台湾・ベトナム・タイ・インドネシア・エジプト・オーストラリア)を受入重点国として設定し、「アジア重視戦略」を展開してきました。工学部では、毎年世界各国、地域より約20名の優秀な留学生を受け入れています。

-九州大学の国際化について  九州大学は知の世界的拠点大学として、特に歴史的、地理的な深い繋がりを背景としてアジア地域を重視し、多くの留学生を受け入れるとともに、大学間、研究者間において 活発に学術交流を行ってきました。
 平成21年には、「留学生30万人計画」実施に向けて開始した「国際化拠点整備事業(グローバル30)」に九州大学が九州地域の唯一の大学 として採択され、アジアを中心に8か国・地域(中国・韓国・台湾・ベトナム・タイ・インドネシア・エジプト・オーストラリア)を受入重点国として設定し、「アジア重視戦略」を展開しています。5年間で留学生の入口から出口までの一貫した国際化拠点整備を行い、アジアを代表する世界的研究・教育拠点大学としての機能の強化をいたしました。また、13の採択校ではいち早く平成22年10月に英語のみで学位が取得できる「学士課程国際コース」を工学部と農学部に開設し、5年間で20ヵ国地域より100人以上の学生を受け入れてきました。さらに、平成26年には、文部科学省「スーパーグローバル大学創成支援事業」において、「世界大学ランキングトップ100を目指す力のある、世界レベルの教育研究を行う大学」の一つとして採択され、今後10年でさらなる教育の国際化を進めて参ります。

進級の流れ

 工学は、数学と自然科学を基礎として、人間社会を様々な角度から支える学問体系です。学部国際コースでは、 入学後の1年半は基幹教育課程にて、理系基礎科目だけでなく、文理コア科目、言語文化科目を、2年後期からは 専攻教育科目を開講しています。それぞれの専攻において少人数制度の教育を実施し、将来、国際舞台での指導 的な技術者や研究者となるために必要な教育を英語のみで行っています。また、3年後期以降はそれぞれの専門 分野の研究室に配属をし、指導教員の指導を受け、今まで習得した知識と実験技術を生かし卒業研究を行いま す。日本語は1年次が必修科目ですが、希望者は4年間を通してレベル別で学べる環境が整えられています。

進級流れ